>

住みよい間取り

間取りからの家事動線

間取りから家事動線を考えた事はありますか?間取りは広さ・部屋の位置だけを考えると家事動線の経路を見落としてしまいます。いくら広い部屋でも、はたして家事動線はどうでしょうか?
例えば一階洗濯機から干す場所が二階ベランダだと思い洗濯かごを階段を使って上がります。ほぼ毎日の事だとすると大変な作業になります。場合によっては一日に数回洗濯があります。洗濯する場所・干す場所が同じ階だけでも経路が違います。部屋を探す時、家事動線も重要な事です。水回りをまとめた間取りをよく見ますよね。それも家事動線を考えた間取りです。
間取りの共有部分・独立部分でも家事動線の効率が違ってくるので、家族の行動パターンも考慮しましょう。
「共有」リビング・ダイニング家族が集まる空間です。くつろぐ時・食事で家族の動線も違います。
「独立」個人の部屋・トイレ・浴室はそれぞれ利用する時間が違います。

家事動線で理想の生活

理想の生活は家事動線も重要な役目をしてます。一日に費やす家事の時間はどのくらいでしょうか。家事動線を考えると言う事は家事を効率良く進める近道になります。大変な家事は家事動線・工程を考えていくと分かってきます。
平日・休日の生活パターンも違うので家事動線も変わってきます。平日は家族がいない時間帯に、共働きなら帰ってから・休日はゆっくりペースで過ごしたいので家事開始時間が違ってきたりもします。
便利なアイテムを取り入れる事も家事を軽減してくれてスムーズに動線も確保されます。理想の家事動線はシンプルに無駄のない経路で家族の生活をスムーズにしてくれます。また、同時進行の家事動線はスムーズにいくように動線を短くします。
家事動線・間取り・収納を見落とさないようにしましょう。


この記事をシェアする

トップへ