>

賢い家事動線

家事の無駄

家事意外に育児・仕事で時間に追われて一日が終わるのはどこかに無駄があります。心に余裕がなくなり、悪循環にならないように無駄な行動・時間をチェックしましょう。
「場所」掃除道具・保存食材の場所、数量を決めておくのは出し入れ・在庫管理ができて見やすくなります。
「グループ」朝食セット・よく使う調味料と分けておくと取り出しやすく買いすぎが防げて見やすくなります。
「行動チェック」意外に大変な掃除・洗濯一連の動きは行動しやすいかです。
「貯めない」いつか使うだろうは使わない事が多いで数量を決めておきます。今日はここだけ数分掃除も動線にもつながります。
「すぐに分類」手紙・お知らせの紙媒体は後で見ようとすると溜まってしまって締め切りがすぎてしまった・忘れる原因になります。すぐに分類しましょう。
ちょっとした事ですが、心がける事で動線が改善されて効率良く動けます。

家事動線

家事動線は家事の経路です。洗濯は洗う・干す場所・たたみしまう場所、食事の支度はキッチンと冷蔵庫の場所・食器の場所・配膳です。これが離れた場所にあると何度も往復する事から嫌になってしまいます。忙しい共働きは余計に考えなくてはいけません。少ない動きで効率良くできて手抜きに見えないのが理想です。
広さ・間取りばかり気を取られていると、毎日必ず家事が思うように進まず快適な暮らしにはなりません。共有部分・独立部分でも動線は違ってきます。動線に合った便利な収納アイテムを利用するだけでもスッキリ片付き、見やすくなり違います。
ライフスタイルに合わせて家族で使いやすい動線・収納を話し合って最適な家事動線を見つけるのが優先です。


この記事をシェアする

トップへ