家事効率で理想の住まい作り

家事効率の良し悪しはどこで決まる?

家事の無駄をチェックして効率アップ

いくらやっても進まない家事にイライラするのは何が問題あるのでしょうか。ダラダラと、あれやこれやとやる事が家事ではありません。手を出しすぎて中途半端に残ってしまい、結局後回しが溜まってしまいやる気が起きない事があると思います。効率良く進めるのが毎日の家事です。家事効率とは何でしょうか。面倒な家事をやらない事が家事効率を上げる事でしょうか。
効率良い家事は見直しで改善できます。大変だなと感じた時は定期的に家事効率を見直しましょう。家事の無駄をチェックするポイントを見て、負担軽減しましょう。負担軽減は手を抜く事ではありません。上手に時短する事、便利なアイテムを利用する事で家事効率が改善できます。
昔は家事を女性が専業してましたが現在は共働き世帯が多くあります。時代と共にライフスタイルが変わってきたので無理なくできる家事を考えていきましょう。家事効率を上げる為に住みよい空間、暮らしは家事動線・生活パターンが大きく関係してきます。改善していくと、作業しやすい・使いやすい・時間と心に余裕ができる・やりたい事ができるとメリットがあります。
最近では家事動線を意識した家の見取り図があります。どう動くと忙しい時間帯に効率よく動く事ができるのか、仕事から帰って時短家事の参考になります。
二世帯住宅・シニア世代は家の構造も住みやすいようになっています。家の構造から家事動線・家族の行動パターンを考えた間取りがあります。賢い家事動線はどの世代にも対応した暮らしやすい快適な生活になります。

トップへ